記事代行作成サービスを使った、レンタルサーバーの用語解説(原文)

記事代行作成サービスを使った、レンタルサーバーの用語解説(原文)

時計が渦巻状になっている画像

 

「時間を効率的に使う方法の一つ・・」

 

レンタルサーバーに関連する用語をキーワードにして、「記事代行作成サービス」を依頼してみました。驚くほどあっという間に記事が到着しますので、忙しいあなたの時間を有効に使える道具として考えることができます。
また、作成された記事をそのまま掲載しましたので、出来上がりの水準の参考にしていただけると思います。当然のことですけど、ある程度の修正がいるなっていうこともよく理解できますよ。

 

もくじ

 

○記事代行作成サービス「CROWD」を使ってみた

 

○「CROWD」で作成してもらった記事原文をそのまま掲載しました
    ・マルチドメイン対応のレンタルサーバーを使うメリット
    ・レンタルサーバーでwordpressMySQLを設定するとは
    ・SSLはレンタルサーバーにとって重要なセキュリティ要素
    ・レンタルサーバーでのCron設定
    ・mod_rewrite制御をレンタルサーバーで行うには

 

記事代行作成サービス「CROWD」を使ってみた

 

平成27年1月24日

 

 

 

「うーん・・ そのまま使うのには抵抗あるなぁ・・」

 

代行サービスの文章を読んだときの
率直な感想です。

 

それは、自分のホームページで書いている
「文体」と違うので、このホームページが
借り物のようになってしまうと感じたからです。

 

若干何が言いたいのか分からない部分もある
ので、近いうちに加工して使おうと思っています。

 

文句はこのへんにして・・

 

今回の記事代行作成は最低1,000字
「使用キーワード」「文章タイプ」「文末表現」
などを指定して文章を書いてもらいました。

 

注文してから約1時間後に完成してメールが
届きましたのでそのスピードに驚きました。

 

「自分ではこんなに早く書けない・・」

 

CROWD注文メールの到着状況
※下に掲載した「マルチドメイン」と「MySQL」に関する記事2件分の作成依頼です

 

自分の知らない分野のことでも、ある程度
「ガイド」的に使えるので、表現の気に入らない
部分や、追加説明したい部分など適宜修正
すると、1から文章を作るよりも早くページ
が作れますよ。

 

時間のない人にはぜひおすすめしたいサービスです。

 

ちなみにお値段ですが、全部で5件注文して
上の2件が1,944円。下の3件が2,916円でした。

 

少し稼げるようになったら、効率化の道具
として使うのがいいと思います。

 

自分の体は一つしかなくて、使える時間は
限られている訳ですから、このくらいの金額なら
有効に使って、大きく稼いだほうがいいですよね。

 

私が使ったサービスはこちら
  →SEOに最適な高品質記事の作成代行【CROWD】

 

「CROWD」で作成してもらった記事原文をそのまま掲載しました

 

マルチドメイン対応のレンタルサーバーを使うメリット

 

使用キーワード:レンタルサーバー,マルチドメイン
文章タイプ:説明文、文末表現:口語体

 

マルチドメイン対応のレンタルサーバーは、公私に問わず運営をしていくときに重宝するものに該当します。ドメインがひとつであれば、特定のジャンルに区分けされるといったことが頻繁に起こり、インターネット上での認知度が限定的となるため、できればマルチドメインという複数のかたちで分けて扱っていくことが望ましい結果にもなるのです。またひとつのサーバーで一括に管理していけるようなところがユーザーにとっては好都合になっていくことから、重宝していくようなサービスを提供している事業者が増えていくことも望まれているのであります。
さらにサイトの容量を効率よく活用していくような術も、上級者の仲間入りを果たしたいならば即座に実行していくことが求められているのです。サーバーにかかる負荷は最終的には利用していく人のストレスにもつながるため、自らで運営するときには細心の注意を払うようにしていくことも必要なのです。それに加えてこう評価を受けられるような推奨環境に準拠したものを採用していくことも、鍵を握る事柄へと結び付いていくのです。
こういった時代を受け、レンタルサーバーを開設している事業者では次々に新たなサービスを出すような動きが強まっているわけです。より多くの人に関心を持ってもらうためにも、マルチドメインのノウハウを賢く活用して有意義なビジネスモデルを確立していくような方向を見ていくことが大事になっていくのです。
その一方で初期費用などの投資にどれくらいの金額が係っていくのかという部分に、今後はきちんと目を通していく行動も不可欠になります。安定的な稼働や高水準に渡ってのセキュリティ対策など一連の内容に万全な備えをしているかどうかを見極めて、選択していくという事柄も大事なのです。またすでにレンタルサーバーを活用してビジネスを軌道に乗せているという人たちの意見も取り入れながら、ベストな状況を作り出すようにしていくことも重要になるポイントであるのです。
これまでいろいろな角度でドメインに関する内容やサーバーの運用方法を見てきましたが、初期の段階では用意できる金額や規模に合わせて計画的な投資などを行っていくことが大事な側面にもなります。インターネット時代でいかに儲けるかという点も、経営責任のある立場の人には課されています。したがって、それぞれに適したソリューション的なビジョンをまずは模索していくことが大切なのです。

 

レンタルサーバーでwordpressMySQLを設定するとは

 

使用キーワード:レンタルサーバー,wordpress,MySQL
文章タイプ:説明文、文末表現:口語体

 

XサーバーというレンタルサーバーはwordpressのMySQL設定をすることが出来ます。MySQLは世界でもっとも普及しているオープンソースと言われていますし、wordpressとも互換性が高いと言えます。レンタルサーバーを活用するということであれば、こうした仕組みをきちんと活用していくということがとても大事です。レンタルサーバーという仕組みはとても多くの人に利用されているものです。特にwordpressにおいてはとても大きな役割をしています。MySQL設定はとても簡単に行っていくことが可能になっていくということもあり、人気があります。利用者のことをきちんと考えた仕組みになっているということは、利用しているユーザー側にしてみればとてもうれしい部分であります。近年ではwordpressを利用している人が増加しているということもあり、こうしたレンタルサーバーやMySQLの知識というものは必須になっている部分でもあります。どんなサービスを利用するのかということで、活用していくことが出来る機能というものはとても大きく変化していくことになります。wordpressは他の類似サービスには無い世界観というものを持っています。こうしたサービスを効率的に活用していくということは、とても大事です。レンタルサーバーはインターネットサービスを提供していくという意味でも、大きな魅力があると言えます。MySQLを設定していくことは、こうしたサービスを活用していくということにおいてとても重要な要素になっていくことになります。様々なサービスが存在しているということもあり、きちんと比較してから利用するということがとても大事です。無料で使うことが出来るサーバーは様々なものがあります。ただそれぞれに利用することが出来る制限というものがあるので、その辺に注意してから活用していくということがとても大切です。求めているサービスに見合っているものを選択するということがとても大事です。求めているサービスではないと大きな成果を得にくくなるということはとてもよくあります。求めているレベルが高いということであれば、有料のサービスを使用してみるという方法などもあります。ただ初心者ということであれば、無料のサーバーを活用してみるということがとても大事です。初心者だと分からないこともたくさんありますし、まずは把握するように努力することが求められます。

 

SSLはレンタルサーバーにとって重要なセキュリティ要素

 

使用キーワード:SSL,レンタルサーバー
文章タイプ:説明文、文末表現:ですます調

 

SSLとは、インターネットなどのTCP/IPネットワーク上でデータを暗号化して送受信する通信手順の一種です。データ送受信機器館で通信を暗号化し、中継装置などネットワーク上の他の通信機器によるユーザー成りすましやデータ盗み見、データ改竄を防ぐことができます。公開鍵証明書による通信相手認証、共通(秘密)鍵暗号によるインターネット通信の暗号化、ハッシュ関数利用による情報・データ改竄検知など様々なセキュリティ機能を提供し、ウェブアクセスに使われるHTTPと組み合わせ、ウェブサイトにおける個人情報や決済情報などの送受信を安全に行う手段として広く普及しています。
トランスポート層とアプリケーション層とのあいだで動作し、TCPの代替として利用することができるため、HTTP層に限らず様々な上位層のプロトコルと組み合わせて利用される、インターネットでの汎用的な通信暗号化方式として定着しています。なお現在では、TLS(Transport Layer Security)に名称が変更されましたが、ネットワークセキュリティのプロトコル機能に変わりはありません。
レンタルサーバーにおいては、アンケートや問い合わせ、意見・感想・苦情などに利用されるメールフォームや通販サイトにおけるショッピングカート、ウェブサービスアカウントを使用するために用いられるログインフォームといった、個人情報を入力するページに使われますが、個人情報入力欄を設けているページを持つウェブサイトでは個人情報漏洩や成りすましによる不正アクセスを防ぐため、SSL設定が必要不可欠となっています。
レンタルサーバーユーザーがSSLを設定する際には、秘密鍵の作成や認定書への証明書作成依頼、サーバ証明書・中間証明書のインストールなどを実施しなければなりません。しかし、秘密鍵作成やサーバ証明書・中間証明書のインストールといった設定は手続きが複雑で完了しづらいという難点もあります。このため、レンタルサーバー業者によっては業者が秘密鍵作成や証明書作成依頼、証明書のインストールをクリックだけで行えたり、設定費用などの追加料金もかからないSSL設定を用意しているケースもあります。
ただし、コスト面においてはレンタルサーバー業者によってまちまちで、一部のプラン(特に一番安いプラン)では標準装備されていなかったり、別途証明書発行のためにオプションとして別途料金がかかったりするなど、レンタルサーバーを導入してSSL設定を行う際には、事前に利用したいプランの内容を確認してください。

 

レンタルサーバーでのCron設定

 

使用キーワード:Cron,レンタルサーバー
文章タイプ:説明文、文末表現:ですます調

 

Cronとはユーザーが指定した一定期間ごとに、スクリプトやコマンドなど様々なプログラムの処理を自動的に実行させる便利なツールです。このツールを使うことによって、定期的なホームページやブログの自動更新、SNSエンジンにおけるニュース配信などの自動更新や定期処理が行えるようになります。
Cronが使えるレンタルサーバーを用意しているサービス業者は多くありますが、レンタルサーバーの利用プランによっては設定を登録できる数や最小実行間隔が異なる場合があります。レンタルサーバーを利用する際、まずは自分が運営するホームページ利用に合った容量や料金を見極めてから利用するのが望ましいです。
まず設定する場合、使用するアプリケーションによっては最初に実行したいプログラムファイルを準備してからアップロードすることがあります。ここでは、ブログにおける予約投稿の設定を説明します。
まずはCronから定期的に実行するためのプログラムを作成し、FTPソフトを使ってアップロードします。
次に、各ユーザー専用のアカウントにログインし、ウェブツールページを開き「Cron設定」を選びます。
その後、「設定名」「実行スケジュール」「実行ファイル」の各項目を入力してください。「設定名」は任意の名前、「実行スケジュール」は曜日・日付・時間、「実行ファイル」はアップロードしたプログラムファイルのパスを指します。
実行ファイルパスに関しては、FTPのトップディレクトリからのパスを必ず入力してください。例えば、毎時0時に30分間隔で毎日実行したい場合は日付を「毎月・毎日」、曜日を「毎日」、時刻を「0時・30分間隔」に設定します。毎週月曜日の12時に実行したい場合は日付を「毎月」、曜日を「月曜日」、時刻を「12時・0分」に設定します。毎月20日の0時30分に実行したい場合は日付を「毎月・20日」、時刻を「0時・30分」に設定します。
設定を終えたら、設置したアプリケーションの管理画面にログインし、ウェブページ・ブログ記事の作成や予約投稿を行う記事を追加します。公開設定欄から「未公開」「公開」「日時指定」などのステータスや公開日、カテゴリーなどを編集します。その後、指定された日時に記事が公開されていることを確認すれば、設定は完了です。
ホームページ・ブログの自動更新以外でも、不要なログファイル削除やファイルのバックアップなどといった定期的なメンテナンスを行うことができます。なお、レンタルサーバー提供業者によっては詳しい設定方法を掲載しているため、初めて設定したい場合は設定方法が掲載されたページに目を通すことが重要と言えます。

 

mod_rewrite制御をレンタルサーバーで行うには

 

使用キーワード:mod_rewrite,レンタルサーバー
文章タイプ:説明文、文末表現:ですます調

 

mod_rewrite制御はウェブサーバー上へのアクセスにおいてURLを操作するための機能で、インターネットユーザーから特定のURLへリクエストが合った場合に別のURLへ内容を転送したり、掲示板やブログなど、CGIによる動的なページを静的に見せることが可能となっています。
mod_rewrite制御をレンタルサーバーで実施するには、htaccess機能が使える業者を事前に調べておくことが大切ですが、実は、ほとんどのレンタルサーバー業者はmod_rewrite制御をデフォルトで採用しており、htaccess利用も許可しているケースが非常に多いです。
レンタルサーバーを選んだ後、まずhtaccessファイルを作成する必要があります。htaccessファイル作成にはメモ帳などのテキストエディタやオンライン上でのhtaccessファイル作成サービスなど多くあります。htaccessファイルを作成した後はFTPソフトを起動してから動作させたいディレクトリにアップロードし、htaccessファイルの名前から拡張子部分を削除すれば完了です。なお、htaccessファイルの記述方法については、業者のウェブサイトや個人サイトで詳しい記述内容が記載されていることもあるので、そちらを参考にするのも手です。
しかし、htaccessによる設定では処理が遅くなることがあるので、サーバのroot権限がある場合はhttpd.confによる設定が望ましいでしょう。
mod_white制御は、主にウェブサイトのドメイン移転が最も多く、この場合は新サイトへのリダイレクト設定が必要となっています。移転前のサイトURLが検索エンジンで上位に表示される場合には、必ず新しいサイトへのリダイレクト設定しておかねばなりません。
なお、mod_rewrite制御の記述方法に関して設定を誤った場合、内部サーバーエラーが発生してホームページが閲覧できなくなってしまったり、無限ループを引き起こしてサーバーに負担をかけてしまう危険性を生じることがあります。レンタルサーバー業者によってはmod_rewrite制御の記述内容・方法に対してはサポート対象外として扱われるので、マニュアルが書かれたドキュメントや専門資料などを参考にしてください。
以上の点を踏まえておけば、レンタルサーバーを利用するウェブマスター(ウェブマスターを運営する管理人)のみならず、そのウェブサイトを閲覧するインターネットサーファーに対しても快適なインターネット生活を送れると言えます。

 

 

 

記事代行サービスに関する記事
  →こんな方法があったのか!他人を巻き込んで増やすコンテンツ

 

 

※もし「よかった」と思う記事がありましたら、あなたが使っておられる
 SNSで当サイトをご紹介ください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

よく読まれる関連ページ

 

こんな方法があったのか!他人を巻き込んで増やすコンテンツ

こんな方法があったのか!他人を巻き込んで増やすコンテンツ

これだけは知っておきたい!レンタルサーバーの基礎知識

これだけは知っておきたい!レンタルサーバーの基礎知識

「できないこと」の比較で見える!失敗しないレンタルサーバー選び。

「できないこと」の比較で見える!失敗しないレンタルサーバー選び。

記事の中身がグンと良くなる!文章の書き方のコツ

記事の中身がグンと良くなる!文章の書き方のコツ

 


Top相互リンクをいただいているサイトです。

簡単無料ホームページ

簡単に無料でホームページ作成。掲示板、ブログ、アルバム、携帯サイト、メールマガジン、お問合せフォーム、リンク集等の便利機能付き。商用利用もOKです




 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ