新・魔法のコピーライティングで、文章に対する苦手意識が消えた

新・魔法のコピーライティングで、文章に対する苦手意識が消えた

※新・魔法のコピーライティングは販売を終了しました
 期待していらした方はごめんなさい

 

 

 

女性が楽しそうにパソコンを入力している画像

 

「文章を書くって、実は楽しい」

 

「文章が苦手」「文章を書くって難しい」なんて、文章に自信が持てなくて困って思っているあなたへ・・
文章力の向上って、ものすごくたくさん文章を読んだり書いたりして、はじめて身につくものっていうイメージもあって、苦手意識をもってあきらめている人が多いです。でもwebで読みやすい記事を作るのは、国語力でも文章力でもないってご存知ですか?短期集中で効果を実感できる教材「新・魔法のコピーライティング」を、どんなものか確かめてみませんか?

 

 

新・魔法のコピーライティングをレビューします

 

 

文章に苦手意識を持っておられる
読者さんは多いので、私が自分で
やってみて効果を実感した教材

 

「新・魔法のコピーライティング」
ぜひ、あなたにも知って欲しいと思います。

 

 

新・魔法のコピーライティングのヘッド画像

 

 

あなたも、ペンが進みスラスラと記事を書けるようになる

 

 

 

「文章の書き方がわからない・・」

 

そんな悩みを抱えながら記事を書いている
方は多いはず。

 

昔から文章が苦手で、どうしても自信が
もてない方は、パソコンの前でどういう
文章を書いたらいいのだろうと悶々と
しておられるのではないでしょうか?

 

タバコを吸ってみたり、コーヒーを飲んで
みたり、気分転換と称して文章作成と
違うことに時間をつぶしてしまっている
自分がいたりします。

 

ネットサーフィンなんかやりだすと、いくら
時間があっても足りませんよね。

 

私も、「上手な文章の書き方」の本を
買ってきて読んでみても、どこを直したら
いいのか結局よく分からなかったという
経験があります。

 

文章術の本は自分に落としこむことが
難しいなぁというのが正直な感想です。

 

 

私が今まで文章の勉強のために読んだ本の画像

 

「わたしも文章の本はたくさん読みました」

 

 

 

今までの教材は難しすぎる?

 

 

 

「こんなに練習してるのに、いざ記事を
書こうと思うとペンが進まない・・」

 

これまで試した教材は効果が出ているのか
よくわからなかったので、次の教材もあまり
期待できないとお考えではないですか?

 

書いてある通りに文章を書いてみても
効果を実感するのが難しいので、新しい
教材も実践できるかビクビクしてしまいます。

 

例文の修正でいくら練習してみても、
お客さんの反応がないので、何がよく
ないのかわかりませんし、習得にも時間が
かかります

 

これであっているのかな?と思いながら
書くのはストレスになりますよね

 

でもこのページを見にこられた方は、
「文章に対する苦手意識を改善しよう」
という意識の高い方がほとんどだと
思いますので、きちんと実践すれば
今までにない効果を実感できますよ

 

 

不安な表情の女性の画像。文章力向上に不安があるイメージ

 

「どれだけ練習すればいいか不安になります・・」

 

 

 

変化を感じることのできる、即効性のある教材が欲しい

 

 

 

「こんなに記事が変わった!」って実感
できたら、今までの記事も全部書きなおして
みようかな?って気分になりますよね

 

そんな気分になって、かつて私は教材の通りに
全ページの内容を見直して書き直しをしました。

 

そうしたら訪問数が6倍に増えて、それ以降も
順調にアクセスが増えています。

 

ほら、10月に月間608人の訪問しかなかった
のに、1月には3,685人も訪れてくれるように
なってます。

 

 

<このサイトのアクセス解析です>
当サイトのアクセス解析の推移

 

 

このサイトのアクセス解析ですが、
11月が前月比+61.9%
12月が前月比+141.6%
翌年1月も前月比+71.0%
で他の時期よりよく増えています。

 

ちょうどこの時期に、目の色を変えて
全ページの記事を書き直して、さらに
記事の書き足しをしました。

 

その後はこつこつと記事を書き足して
いくだけで訪問数も伸びていきました。

 

教材の効果については、別ページでも
記事にしています。
  →記事の中身がグンと良くなる!文章の書き方のコツ

 

すぐに結果が実感できるのが、この
教材のいいところです

 

 

 

まずは読者の「読まない壁」を超えられるか

 

 

 

webサイトからものを買っていただくまでには

 

「読まない壁」
「理解しない壁」
「信用しない壁」
「行動しない壁」

 

の4つの壁があるといわれています。

 

読者さんから商品を買ってもらう
ためには、この壁をひとつひとつ超えて
もらう必要があります。

 

 

万里の長城の画像。立ちはだかる壁をイメージした画像

 

「壁を越えるのは難しいこと?」

 

 

 

最初の難関「読まない壁」とは?

 

 

 

まず一番目にある「読まない壁」とは
どのようなものでしょうか?

 

webサイトに訪れた読者さんは、
書店で本を買って読んだ読者さんと
違って、自分でお金を払ってここに
訪れたわけではないので、

 

さらっと眺めて興味がわかなければ
中身も読まずに、すぐに別のサイトに
行ってしまいます。

 

上手な文章を書く「以前」に読まない
壁を超えなければいけないことに気づいて
いますか?

 

いくら上手な文章を仕上げても、読まれ
ないと、反応もくそもないのです。

 

ですからwebサイトでは、文章力で悩む
前におさえておかなければいけない「基本」
があったのです。

 

 

糸電話で会話をしている子供の画像

 

「伝える」ことって難しい?

 

 

 

「読まない」を超えても「理解しない壁」が待っている

 

 

 

ようやく読んでもらっても次に待っているのは
「理解していただく」ことです。

 

自分ではよく相手に伝えているつもりでも
読者には難しく感じることが多いのです。

 

「めんどくさそう」

 

と読者さんが感じたらそこでおしまいです。

 

文頭から文章に引き込み読んでもらうには
コツがあります。特に難しいことを求めている
わけではないので、誰でもマネができます。

 

「新・魔法のコピーライティング」では、その
コツを「ひな形」と呼んでいます。

 

新・魔法のコピーライティングでは、
「3つの型」を学びます。この3つの
型に沿って文章を作っていくだけで、
文章が格段に上達します。

 

「たった3つの型」とは・・

 

○基本のひな形
○ブランディングひな形
○セールスひな形

 

「読まない」「理解しない」を超えるところ
までは、「基本のひな形」に気をつけて
文章を書いてゆけば簡単に改善します。

 

読みにくい、分かりにくいを超えるのは
国語力の問題ではなかったのです。

 

 

 

「信用しない壁」はこうして超える

 

 

 

「ブランディングのひな形って何だろう?」って
思った方は多いはず。

 

内容を読んで理解してもらって安心しては
いけません。

 

「あなたの言いたいことはわかったけど、
それって本当なの?」

 

読者さんの頭の中では、「この人の言っている
ことを信じてもいいのか?」と自問自答が
始まっています。

 

読者さんとの「信頼関係」を築く方法を
解説しているのが、ブランディングのひな形
です。

 

 

新・魔法のコピーライティングをプリントアウトして参考にしながら文章を作っている画像

 

「プリントアウトして使っています」

 

 

 

新・魔法のコピーライティングでは、「この人
の言っていることを信じてもいいのか?」と
セールスのときに思わせない仕掛けをして
ゆきます。

 

普段の記事やメルマガでブランディングの
ひな形を実践することで、時間をかけて
信頼関係を築くことを解説しています。

 

ですので、「信じてもいいのか?」という
壁を越えるというよりも、

 

「あの人の言うことなら信じてよさそうだ」
という関係を普段から築いているので、
「信用していいのか?」と思わせない
仕組みといったほうがいいのかも知れません。

 

不安をあおったり、売り込み色の強い
文章でセールスをするのに抵抗感のある人
も多いと思います。

 

この教材なら、自然な流れで読者さんに
行動してもらえるので書くのが楽しくなった
と感じる方も多いです。

 

私も金融機関の営業をしていますので、
初めて会った人が、ろくに会話もせずに
いきなり「じゃ、それ買います」と言ったら
ちょっと引きます。

 

「この人に売っても、本当に大丈夫だろうか?」

 

こちらからセールスをしているのにおかしな話
ですよね。

 

お互いの信頼関係というのは、会った回数や
記事を目にした回数で強くなっていくものですよね

 

すぐに信頼を得るには、「権威のある人」の
意見を引用するという方法もありますが、
自分の信用力を高めていくには、少し時間を
使うのがいいように思います。

 

そんなノウハウを身につけて、自信をつけたいと
思いませんか?

 

・・・

 

信用しない壁を崩すテクニックを、ここで一つ使い
ましたが、あなたは気がつきましたか?

 

 

 

セールスのひな形4つのステップを使って、読者さんに「行動」してもらう

 

 

 

セールスのひな形では、4つのステップで
文章を書いて、お客様に「クリックしてもらう」
方法を解説しています。

 

とてもシンプルなので、誰でもマネして
書けるでしょう。

 

ひな形を使った例文も、ビフォー アフター
でいくつか例示してあり、見比べてみると
違いがよく分かります。

 

セールスのひな形は、「ここぞ!」という
時だけに使います。

 

普段からいつもセールスしていると、
嫌がられますよね。

 

ひな形の説明の前に、著者の岡村さんは
セールスに最も大切なことを書いておられます

 

「当たり前だけど、なるほどなぁ」と気づきを
与えてもらえました。

 

いつも意識していないと、ついつい忘れて
しまう大切なことです。

 

 

女性が浜辺でパソコンを入力している画像

 

「売り込みのページばかり作るのはイヤです・・」

 

 

 

やり切ると「ここまで文章って変わるんだ」って思えるようになる

 

 

 

ここまで、やっていくと自分の文章に変化を
感じることができます。

 

1万円を超える教材だけど、教材代なりの
価値があるのだろうか?と不安に感じる方も
多いと思います。

 

私もそうでしたが、教材に習ってサイトの書き
直しをしたらアクセスが上がったとか、報酬が
上がるようになったとか、学びながら成果を
実感できることでしょう。

 

教材を受け取って読み始めると、あっという間
に読み終わり、「たったこれだけ?」って思いました。

 

この教材のすごいところは、「難しさ」を感じ
させないところにもあると思います。

 

気をつけて欲しいのは、読みやすいから
といって、内容を読み飛ばしてしまわない
ようにして欲しいことです。

 

一言一句注意深く読んで、ご自身のサイトで
実際にきっちり実践していくことが大切です

 

教材の中にも「わかりやすさ」の重要性を
説明してありますが、自ら実践しておられる
ということを後で気づきました。
(ちなみに私は1年後に気がつきました・・(苦))

 

 

 

添削が入るのが実は好評でした

 

 

 

「添削課題を出すなんてめんどくさいなぁ」

 

「まじで?そんなことせなあかんの?」って
瞬間的に思われた方もいると思います。

 

この3つのひな形をすべて受け取るためには、
「基本のひな形」の終了時と「ブランディング
のひな形」の終了時に添削課題を提出
しないと次のひな形が受け取れない仕組み
になっています。

 

でも、実はこの添削課題が好評なんです。

 

「ステップバイステップで学べて良かった」

 

「ほめてもらって自信につながった」

 

「良かった点、悪かった点を見直すことができる」

 

などの、受講者の生の声があります。

 

私自身、次のひな形を早く受け取りたい
一心で、急いで添削課題に取り組みました。

 

自然にひな形に沿った文章を考えて作り、
体験する仕組みがあるのですね

 

 

 

文の「型」を学ぶと、安心して記事が書ける

 

 

 

「暗中模索」

 

・・確かな形を知らないまま、走り出すと
このような状態になります。

 

ちなみに暗中模索とは?

 

手がかりのないまま、あれこれとやってみることを指します

 

とても不安な状態のままあれこれやっても
ストレスがたまるばかりですよね。

 

webサイトの記事を書く上で必要な「型」を
知らない方は、ひとつよりどころとなる教材を
持たれることをお勧めします。

 

「基本の形」を学んで、やってみるだけで
かなりスラスラと記事が書けるようになりますよ

 

「教材に書いてあることをマネしてやってみよう」

 

そう思って文章を書き出すと、ずいぶん
精神的に楽になります。

 

「ライティングのいろはを学べた」

 

「記事を書くスピードが上がった」

 

「文章が生き生きしたものに変化した」

 

という声もあります。

 

私自身3ヶ月に一度は教材を読み返して、
書いている記事の参考にできることはないか
考えます。

 

読みやすい教材なので、見返すことも簡単ですよ

 

 

女性がパソコンに向かって文章を書いている画像

 

「型」を知ってると、安心して記事の作成に取り組めます

 

 

新・魔法のコピーライティングで、文章に対する苦手意識が消えた関連ページ

バナープラスは直感的に使えて、高級感を感じる使い心地です!

 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ