とにかく目立つ!リッチスニペット著者情報の作り方

とにかく目立つ!リッチスニペット著者情報の作り方

たくさんの本が並んでいる図書館。建物の構造が美しい

 

検索結果に著者の写真と著者名を表示させることができたのですが、残念ながらこの表示は廃止されるようです。4月に記事を書いたばかりなのに残念です・・・
(記事はそのまま残しておきますがもう参考になりませんのでご注意を)

 

ショック! グーグル著者情報(Authorship)表示を廃止「意味がなかった」

 

著作情報公開で目立ちませんか?

 

平成26年4月27日

 

 

 

 

下の画像のように検索結果が表示
されているのを見られた方も多いはず。

 

※リッチスニペットで「著者名」と「写真」が掲載された例です
リッチスニペットで著者情報が表示されている画像

 

今回は、著作情報を表示させる
方法についてご説明します。

 

著者情報の出し方について、
ウェブマスターツールにも記載が
あります。

 

一番正しい方法ですが、実際に
入力しようとすると、ちょっとだけ
難しいなって思いました。
検索結果内の著者情報【ウェブマスターツール】

 

ウェブマスターツールでは、「確認済み」
のメールアドレスを利用して「google+」
のプロフィールにリンクするやり方と、
「google+」にサイトからリンクを貼って
リンクする方法が記載してあります。

 

ここでは、サイトからリンクを貼り、
「google+」にリンクする方法をご説明
します。

 

リッチスニペットで著者情報を出す
ための前提条件として、以下の
注意点があります。

 

はっきりあなたの顔のわかる顔写真と
Google の名前付けポリシー
に沿った氏名表示ができる方しか
著者情報を出すことができません

 

私は実名や写真を出すことが
できないので、泣く泣くあきら
めるしかありませんでした。

 

いつか名前を出せるようになった
ときには絶対使おうと思っている
ツールですので、別の写真を
使ってリッチスニペットを体験して
みました。

 

まずは「google+」に顔写真を登録

 

googleのアカウントをもっていない
人は、まずアカウントを登録して
下さい。
Google アカウントの作成

 

google+に入り、顔写真を登録
してゆきます。
「プロフィール」の中から写真を
登録することができます。

 

google+で写真登録する画面

 

私は、自分の顔の写った写真を
使うことができないので、イラスト
を利用して説明しようと思いました
が、160px×160pxのイラストは
使えませんでした。

 

google+で写真登録する画面

 

写真のサイズは250px×250px
以上でないと受け付けてもらえません
でしたので、8年前の娘の写真で
挑戦してみました

 

google+で写真登録する画面

 

画像の中の「使う部分」を選択
したら「プロフィール写真の設定」
は完了です。

 

かんたんですよね。

 

次はサイトの登録をします

 

「プロフィール写真の設定」が
済んだら今度はサイトの登録を
します。

 

「基本情報」画面の下のほうに
「リンク」という項目があります。

 

さらにその中に「寄稿先」という
項目から「編集」をクリックすると、
次の画面が表示されます。

 

google+で写真登録する画面

 

サイト名とURLを入力すると
FAVICONまで表示してくれます

 

下のように表示されたら完了です。
ここまでのところ特に難しいことは
ないと思います。

 

google+で写真登録する画面

 

自分の「GoogleプロフィールURL」を調べてリンクを貼る

 

ここからちょっとだけ難しくなります
が、手順どおりにやっていけば大丈夫
です。

 

まず、ご自身の「Googleプロフィール
URL」を調べます。

 

先ほど写真の登録で入っていただいた
「プロフィール」のなかに「基本情報」
のタグがあります。

 

基本情報を開けたとき上の窓に表示
されている21桁の数字が、あなたの
「google+のID」です。

 

google+で写真登録する画面

 

私のIDは「100571231352958470225」です。

 

「https://plus.google.com/」とIDを
組み合わせたものが「google+の
プロフィールリンク」になります。

 

<私の「google+のプロフィールリンク」>

 

https://plus.google.com/100571231352958470225

 

ページの<head>タグ内に、次の
命令を貼り付けます。

<link rel=”author” href=”Google+のプロフィールリンク” />

 

google+で写真登録する画面

 

貼り付けをしたら、一旦アップロード
します。

 

最後に必ずテストする

 

必ず最後にやっていただきたいのが、
構造化データ テストツールでの
テストです。

 

URLを入力してボタンを押すだけ
なので、とてもカンタンです。

 

忘れずにテストしてください。

 

私のサイトも無事正常に設定
されました。

 

google+で写真登録する画面

 

google+で写真登録する画面

 

ぜひ使いたかったですが、名前を
出せないのでとても残念です。

 

実名表示が問題ない方は、
ぜひ試してみてください。

 

※ちなみに娘の写真で作った「リッチスニペット」
 は、当然のことながら削除しています。

 

 

※もし「よかった」と思う記事がありましたら、あなたが使っておられる
 SNSで当サイトをご紹介ください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

よく読まれる関連ページ

 

  ↓↓一番左をクリックしていくと、順にサイトを見ることができます

レシピを出すなら試してみたい!目立つ検索表示の作り方へのリンク画像

レシピを出すなら試してみたい!目立つ検索表示の作り方

SEOに効果あり!404エラーページのカスタマイズへのリンク画像

SEOに効果あり!404エラーページのカスタマイズ

一匹だけ違う色の金魚が目立っている画像

クリック率アップ!リッチスニペット導入でライバルサイトに差をつけろ

パンくずリストをリッチスニペットで表現してみた!へのリンク画像

パンくずリストをリッチスニペットで表現してみた!

 


Top相互リンクをいただいているサイトです。

簡単無料ホームページ

簡単に無料でホームページ作成。掲示板、ブログ、アルバム、携帯サイト、メールマガジン、お問合せフォーム、リンク集等の便利機能付き。商用利用もOKです



とにかく目立つ!リッチスニペット著者情報の作り方関連ページ

絶対に間違いのないSEO最新マニュアル
全13工程でサイト改善!「検索エンジン最適化スターターガイド」
3秒でチェック!!形式的SEO対策をあなたにこっそり教えます
アクセスアップのためにやっちゃった失敗をお教えします
被リンクについて最低限知っておくべき10のポイント
5分でわかる!具体的相互リンクの手順
サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!
超簡単!重複コンテンツ整理のための.htaccess設定方法
Googleが伝える、適切な「alt属性の入力」のススメ
あなたは外部Javascriptを利用する目的を知っていますか?
よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う
301リダイレクトで個別ページのURLを整理できる
みんなに伝えたい!正しいサイトマップの「作り方」「送り方」
クリック率アップ!リッチスニペット導入でライバルサイトに差をつけろ
パンくずリストをリッチスニペットで表現してみた!
お手軽にリッチスニペット!構造化マークアップ支援ツール
進化しているデータハイライターを、あなたにもぜひ体験してほしい
レシピを出すなら試したい!リッチスニペットを使った目立つ検索表示
rel=”nofollow”使いこなし術を解説!正しい使い方をご存知?
これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説
エラーページを処理する5つの方法
SEOに効果あり!404エラーページのカスタマイズ
クロールの効率性を追求!robots.txt
よくわかる!noindexメタタグの正しい使い方
たった1分で劇的に改善!ページスピード高速化の方法
3行入力するだけ!誰でもできる圧縮によるサイト高速化
もっと早く導入すればよかった。画像圧縮ソフトによるサイト高速化
正しい対処の仕方をご存知ですか?放置できないソフト404エラー
鳥肌が立つほどカンタン!1クリックで終わる表示速度高速化
「誘導ページ」でペナルティを受けないための5つのチェックポイント
あなたのサイトは「モバイルフレンドリー」ですか?
rel="canonical"をもっともっと知りたい!
ホームページ、ブログの削除のしかた

 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ