サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!

サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!

canonical

 

「URLの正規化って何???」

 

「rel="canonical" 属性」の設定は、意味と使い方さえ理解できれば、「たった一行挿入するだけ」のチョー簡単な作業です。ただ、私の初心者の頃は、難しい説明をしているサイトが多くて、いろいろ調べてよーやく理解出来ました。このページで「何のためにcanonicalを使うのか?」「何をどうすればcanonicalを使えるようになるのか」をマスターして帰ってください。

 

 

rel="canonical"を使いこなすための もくじ

 

 

○URLを正規化する「rel="canonical" 属性」の設定
  ・canonicalタグとは一体何か?
  ・rel="canonical"は重複するページを1つにまとめる方法だった

 

○canonicalタグの具体的設定方法

 

○実はcanonicalタグの設置場所も重要だった

 

 

 

 

 

URLを正規化する「rel="canonical" 属性」の設定

 

 

 

「canonicalタグ」とは一体何か?

 

 

私はサイトの形式的なSEO対策が
できているかどうか点検するために、
「SEOスカウター」という無料サービス
を利用しています。

 

 

※「SEOスカウター」についての記事は別ページに記載しました
3秒でチェック!!形式的SEO対策をあなたにこっそり教えます

 

「SEOスカウター」で問題ありと
指摘された「canonicalタグ」に
ついて、一体何か調べてみました。

 

 

canonical

 

 

canonicalを設定するとURLが
正規化できるそうです・・・

 

続けて解説がありました。

 

 

<対策する理由>のコメント

 

 

「複数の類似した内容のページの
中で優先されるページです。多くの
サイトでは同じ製品を紹介するページ。
など、内容が重複するページが
複数存在します

 

Google のアルゴリズムは、最適な
ページのみを表示しようとしている
ので、類似ページがあると、どれを。
優先させるべきか検索エンジンは
わからなくなります

 

カノニカルの設定で優先すべき
ページを検索エンジンに正しく
伝えましょう。」

 

 

「・・・何が言いたいのかわからない」

 

解説を読んでも、私には残念ながら
さっぱり理解できませんでした。

 

悔しいのでいろんな手段で調べて
みました。

 

調べてみると「重複コンテンツ」という
言葉がキーワードになることが分かり
ました。

 

 

○コンテンツ【contents】とは・・
1 内容物。中身。
2 書籍の目次。
3 インターネットやケーブルテレビなどの情報
  サービスにおいて、提供される文書・音声・
  映像・ゲームソフトなどの個々の情報のこと。
  デジタルコンテンツ。
                  ※goo辞書より

 

 

要するに・・

 

「重複コンテンツ」というのは、
内容が同じ(重複する)ページ
が存在するということです。

 

SEOスカウターの説明の中では
「複数の類似した内容のページ」
という言葉で説明してあります。

 

 

 

rel="canonical"は重複するページを1つにまとめる方法だった

 

 

 

重複コンテンツが存在すると、コピー
サイトなどの不正の疑いがもたれる
ほか、「訪問者の利便性を損なう」
ものとして、SEO的にマイナスに
働きます。

 

Googleウェブマスターツールにも
重複コンテンツの存在は、検索
ランキングの順位を低下させたり、
削除されて、検索結果に表示され
なくなるということが書かれています。

 

ですから、このような「重複コンテンツ」
を「正規化」することが必要となって
きます。

 

「正規化」というのは、この場合、
「どのページを優先して表示させる
のか示すこと」を指します。

 

同じサイトを表すのに、通常次の
4通りのURLがあります。

 

下のようなパターンで4通りです。

 

 

<あなたのサイトの「4種類の重複コンテンツ」>

 

http://www.○○○○○.com/       (wwwあり、index.htmlなし)
http://www.○○○○○.com/index.html (wwwあり、index.htmlあり)
http://○○○○○.com/          (wwwなし、index.htmlなし)
http://○○○○○.com/index.html    (wwwなし、index.htmlあり)

 

 

これらが混在すると、重複したコンテンツ
があるということになります。

 

何もしなければ、重複コンテンツが
あって、SEO的に良くない状態である
ということです。

 

ひとつのサイトを探す際、4通りの
探し方があることになります。

 

(正確ではないかもしれませんが、
イメージ的に)サイトの力が1/4に
分散されることになります。

 

これらの重複したコンテンツの
「wwwのあり・なし」を統一する
のが「canonicalタグ」なのです。

 

 

 

「canonicalタグ」の具体的設定方法

 

 

 

<head> 部分に、下記のリンクをコピー
するだけですが、下の緑色で表示した
ページのURLの部分には上記4通りの
URLのうち、統一させたいURLを入れる
のです。

 

 

<link rel="canonical" href="http://○○○○○.com/"/>

 

           ※緑色の部分はあなたのサイトの統一させたいページURLです

 

 

これを<head> 部分にコピーすると対策完了です。

 

 

canonicalタグを<head>内に挿入した画像

 

 

※最近はHTMLの編集に「メモ帳」を使わずフリーソフトの
「TeraPad」を使っています。わかりやすく、使いやすいソフトです
TeraPad

 

SIRIUSならこんな感じになります。

 

 

canonical

 

 

うまくできましたか?
言葉の意味さえわかれば簡単ですよね。

 

 

canonical

 

 

 

 

 

実は「canonicalタグ」の設置場所も重要だった

 

 

 

読者様からこんなお問い合わせをいただきました

 

URLの正規化をしましたが、私のやり方が正しいのかご指摘いただけないでしょうか?

 

 

1、トップページのhead内に下記の(カノニカル)タグを記述しサーバーへアップロードする。

 

  <link rel="canonical" href="http://○○○com/" />

 

2、省略

 

3、省略

 

上記の作業をしても相変わらず「URLの正規化」がされないのです。

 

 

 

canonicalタグの記述も間違いありませんが
wwwあり、なし両方のURLが検索できました。

 

読者様のサイトのページソース(HTMLの記述)を
みると下のようになっていました。

 

 

rel=

 

 

</head>のすぐ上に記載があり、
確かに<head>内にcanonicalを
設置しておられます。

 

特におかしいところはないですよね?

 

 

でも、仮に正しい記載がされていても、
Googleがrel=canonical を無視する
ケースがあるのです。

 

GoogleのMatt Cutts氏が、ページに設置した
rel=canonical の記述に Google が従わない
4つのケースについて解説したサイトがあります。

 

 

(原文は英語です。興味のある方は適宜翻訳して読んでみてください)
 →A rel=canonical corner case

 

 

<内容の抜粋>

 

○canonicalで設定したリンク先が存在しない場合
○ページに不正な rel=canonical が埋め込まれたと判断される場合
○head外に記載されている場合(悪意の第三者に改ざんされる可能性がある)
○head内の記述がおかしい場合。

 

加えて、もし確実性を求めるなら rel=canonical はheadの最初の
1行目か、最初のほうに入れることを推奨しています。

 

<原文>

If you really want to be safe, you can make sure that the rel=canonical is the first or one of the first things in the HEAD section .

 

 

要は、正しい記述をしていても読み込まれ
ないことがあるということ。

 

できることなら<head>内の上のほう
(1行目がベスト)に記載してくださいね。

 

 

 

canonicalタグについて、読者さまからの
お問い合わせをきっかけに調べたことを
記事にしました。
こちらのページもぜひ読んでください
 →rel="canonical"をもっともっと知りたい!

 

 

 

URLの後ろの「index.html」有り無しを
統一するのはこのページを参考にして下さい
  →超簡単!重複コンテンツ整理のための.htaccess設定方法

 

 

 

 

※もし「よかった」と思う記事がありましたら、あなたが使っておられる
 SNSで当サイトをご紹介ください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

よく読まれる関連ページ

.htaccess

超簡単!重複コンテンツ整理のための.htaccess設定方法

「Googleが伝える、適切な「alt属性の入力」のススメ」へのリンク画像

Googleが伝える、適切な「alt属性の入力」のススメ

301リダイレクトで個別ページのURLを整理できるへのリンク画像

301リダイレクトで個別ページのURLを整理できる

よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)うへのリンク画像

よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う


Top相互リンクをいただいているサイトです。

簡単無料ホームページ

簡単に無料でホームページ作成。掲示板、ブログ、アルバム、携帯サイト、メールマガジン、お問合せフォーム、リンク集等の便利機能付き。商用利用もOKです



サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!関連ページ

絶対に間違いのないSEO最新マニュアル
全13工程でサイト改善!「検索エンジン最適化スターターガイド」
3秒でチェック!!形式的SEO対策をあなたにこっそり教えます
アクセスアップのためにやっちゃった失敗をお教えします
被リンクについて最低限知っておくべき10のポイント
5分でわかる!具体的相互リンクの手順
超簡単!重複コンテンツ整理のための.htaccess設定方法
Googleが伝える、適切な「alt属性の入力」のススメ
あなたは外部Javascriptを利用する目的を知っていますか?
よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う
301リダイレクトで個別ページのURLを整理できる
みんなに伝えたい!正しいサイトマップの「作り方」「送り方」
クリック率アップ!リッチスニペット導入でライバルサイトに差をつけろ
パンくずリストをリッチスニペットで表現してみた!
お手軽にリッチスニペット!構造化マークアップ支援ツール
進化しているデータハイライターを、あなたにもぜひ体験してほしい
とにかく目立つ!リッチスニペット著者情報の作り方
レシピを出すなら試したい!リッチスニペットを使った目立つ検索表示
rel=”nofollow”使いこなし術を解説!正しい使い方をご存知?
これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説
エラーページを処理する5つの方法
SEOに効果あり!404エラーページのカスタマイズ
クロールの効率性を追求!robots.txt
よくわかる!noindexメタタグの正しい使い方
たった1分で劇的に改善!ページスピード高速化の方法
3行入力するだけ!誰でもできる圧縮によるサイト高速化
もっと早く導入すればよかった。画像圧縮ソフトによるサイト高速化
正しい対処の仕方をご存知ですか?放置できないソフト404エラー
鳥肌が立つほどカンタン!1クリックで終わる表示速度高速化
「誘導ページ」でペナルティを受けないための5つのチェックポイント
あなたのサイトは「モバイルフレンドリー」ですか?
rel="canonical"をもっともっと知りたい!
ホームページ、ブログの削除のしかた

 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ