よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う

よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う

descriptionメタタグ

 

「descriptionメタタグ」なんて言うと、ずいぶん専門用語的な感じがして引いてしまいますが、同じ言葉を「検索結果の説明文」って言うと身近な感じですよね。
この「説明文」の書き方のコツについて記事にしてみました。思わず読みたくなるような紹介文が書けたら、「あっ!増えてる」ってわかるくらい訪問者の増加を実感できますよ。

 

 

descriptionメタタグをよりよく理解するための もくじ

 

 

 

○「descriptionメタタグ」ってご存知ですか?
  ・メタタグの書き方のコツ

 

○メタデータを入力する際の注意点
  ・各ページ固有の説明を使用する
  ・160文字以下の説明にする

 

 

 

「descriptionメタタグ」ってご存知ですか?

 

 

 

あなたは「descriptionメタタグ」を
知ってますか?

 

 

「descriptionメタタグ」とは・・

 

一言でいうと、「googleやその他
の検索エンジンに、ページの概要
を伝える説明文」のことです。

 

検索エンジンにページの概要を
伝えると同時に、検索画面の
説明文として使われるケースが
多い重要な文章です。

 

私のサイトの検索結果の例で
言うと、下の画像の赤で囲んだ
ところが検索の説明で表示され
ています。

 

 

googleの検索結果に掲載されるメタタグがどのように表示されるのか示した画像

 

 

私の持っている「SIRIUS」では、
下の「META説明文」の部分に
記載しているのがメタタグです。
(エントリー説明文と同じにしています)

 

 

siriusのページ紹介設定画面に具体的に記載したメタタグを紹介する画面

 

 

この例ではたまたま、「META説明文」
の文章がサイト説明文として使われて
いますが、ページ中の文章が使われる
場合もあります。

 

一般的にはHTMLの<head>の中に
<meta name= ・・・・ と
入力して、・・・・の部分にサイト
説明文を記入します。

 

 

metaタグの具体的記入例

 

 

 

メタタグの書き方のコツ

 

 

 

あなたも、調べ物を検索エンジンで
を検索したとき、タイトルとページ
説明文を読んで、

 

「私の目的に合っているのか?」

 

「内容は面白そうか?ためになりそうか?」

 

と、考えますよね。

 

 

googleの検索結果に掲載されるメタタグがどのように表示されるのか示した画像

 

 

「descriptionメタタグ」は「ぽちっ」
とクリックしてもらえるかどうかの、
決め手となる重要な説明文です。

 

だから「適当に入れておく」とかはNGですよ。

 

読者の方が説明文を見る際は、
「私の目的に合っているのか?」
「内容は面白そうか?ためになり
そうか?」という観点からみるので、

 

当たり前でありきたりの答えかも
知れませんが・・

 

説明文を書き終わり、読み返す際は
「目的にあっているか・・」
「面白そうか?、ためになりそうか?」
と読者と同じ観点で読み返して
修正するのが、一番の近道です。

 

 

 

メタデータを入力する際の注意点

 

 

 

メタデータの入力で注意することが
あります。ご参考まで。

 

 

 

各ページ固有の説明を使用する

 

 

 

重複するメタデータは、各ページの内容を
正確に反映した説明ではないため、ユーザー
の立場に立った説明にはなりません。

 

各ページ固有のメタデータを考えて入力
してゆきます。

 

どのページにも同じメタタグが記載して
ある・・なんて、もってのほかですね。

 

 

 

160文字以下の説明にする

 

 

 

長すぎる説明文や、短すぎる
説明文は読み手に不親切です。
適切な長さで説明してゆきます。

 

「160文字以下」という記載が、
「google最適化スタータガイド」
にありました。

 

文字数を数えるのが面倒な人は、
文字数計算ツールをご使用ください。
便利ですよ。

 

 

文字数計算ツール

 

文字数計算ツール

 

 

四角の中に文字を入力するだけの
シンプルなつくりです。

 

重複するメタデータや、長すぎたり
短すぎたりするメタデータのチェックは、
「ウェブマスターツール」でチェックできます。

 

googleウェブマスターツール

 

 

ウェブマスターツール内の「HTML の改善」
でチェックします。

 

私のサイトは、サイトの階層を一段階
増やした際に、URLが二つできてしまい
「重複したメタデータ」が存在すると指摘
されました。

 

 

ウェブマスターツール

 

 

その他注意点を挙げておきます。
当たり前のことなので説明は省きます。

 

本文内の文章すべてをそのままコピーして使用しない
ページと関係ない内容を記載しない
キーワードだけで埋めない

 

説明文が魅力的だと、クリックして読んで
みようかなと思われる確率が高くなります。

 

私のサイトも、もう一度見直してみようかな・・・

 

 

 

 

 

※もし「よかった」と思う記事がありましたら、あなたが使っておられる
 SNSで当サイトをご紹介ください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

よく読まれる関連ページ

 

  ↓↓一番左をクリックしていくと、順にサイトを見ることができます

人気ページランキングの設置で埋もれた過去記事が生き返るへのリンク画像

人気ページランキングの設置で埋もれた過去記事が生き返る

「それって私のこと?」と思わず感じてしまうターゲット設定へのリンク画像

「それって私のこと?」と思わず感じてしまうターゲット設定

サイト紹介文 準備のコツ【惹きつける文章を事前準備しておく】へのリンク画像

サイト紹介文 準備のコツ【惹きつける文章を事前準備しておく】

訪問数が増えるタイトルを作るための13の考え方

訪問数が増えるタイトルを作るための13の考え方

 


Top相互リンクをいただいているサイトです。

簡単無料ホームページ

簡単に無料でホームページ作成。掲示板、ブログ、アルバム、携帯サイト、メールマガジン、お問合せフォーム、リンク集等の便利機能付き。商用利用もOKです



よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う関連ページ

絶対に間違いのないSEO最新マニュアル
全13工程でサイト改善!「検索エンジン最適化スターターガイド」
3秒でチェック!!形式的SEO対策をあなたにこっそり教えます
アクセスアップのためにやっちゃった失敗をお教えします
被リンクについて最低限知っておくべき10のポイント
5分でわかる!具体的相互リンクの手順
サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!
超簡単!重複コンテンツ整理のための.htaccess設定方法
Googleが伝える、適切な「alt属性の入力」のススメ
あなたは外部Javascriptを利用する目的を知っていますか?
301リダイレクトで個別ページのURLを整理できる
みんなに伝えたい!正しいサイトマップの「作り方」「送り方」
クリック率アップ!リッチスニペット導入でライバルサイトに差をつけろ
パンくずリストをリッチスニペットで表現してみた!
お手軽にリッチスニペット!構造化マークアップ支援ツール
進化しているデータハイライターを、あなたにもぜひ体験してほしい
とにかく目立つ!リッチスニペット著者情報の作り方
レシピを出すなら試したい!リッチスニペットを使った目立つ検索表示
rel=”nofollow”使いこなし術を解説!正しい使い方をご存知?
これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説
エラーページを処理する5つの方法
SEOに効果あり!404エラーページのカスタマイズ
クロールの効率性を追求!robots.txt
よくわかる!noindexメタタグの正しい使い方
たった1分で劇的に改善!ページスピード高速化の方法
3行入力するだけ!誰でもできる圧縮によるサイト高速化
もっと早く導入すればよかった。画像圧縮ソフトによるサイト高速化
正しい対処の仕方をご存知ですか?放置できないソフト404エラー
鳥肌が立つほどカンタン!1クリックで終わる表示速度高速化
「誘導ページ」でペナルティを受けないための5つのチェックポイント
あなたのサイトは「モバイルフレンドリー」ですか?
rel="canonical"をもっともっと知りたい!
ホームページ、ブログの削除のしかた

 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ