あなたのサイトは「モバイルフレンドリー」ですか?

あなたのサイトは「モバイルフレンドリー」ですか?

様々な端末を持ち寄って会議をしている画像

 

これからは「いろいろな端末に対応できる」ことが大切になってきます・・

 

 

より「モバイルフレンドリー」なサイトを作るための もくじ

 

 

○4/21からモバイルフレンドリーかどうかが検索ランキング要素になります
  ・googleが「検索結果に大きな変化をもたらす」と公言している

 

○サイトを運営しているあなたが、まずするべきこと
  ・数ページだけを調べる場合はモバイルフレンドリーテスト
  ・サイト全体を調べる場合はウェブマスターツールから

 

○Googleは「レスポンシブ ウェブ デザイン」を推奨している

 

 

4/21からモバイルフレンドリーかどうかが検索ランキング要素になります

 

 

平成26年4月20日

 

 

 

ある意味チャンス到来です!

 

4/21から、検索順位のランキング要素に
「モバイルフレンドリー」かどうかが考慮される
ようになります。

 

私のサイトはSIRIUS【上位版】で作っていて
スマホ対応済みですので、未対応のサイトより
やや優位に立てる要素があるということです。

 

スマホでライバルサイトを見てみると、思いのほか
未対応のサイトが多く驚きました。

 

ですから、「チャンス到来」なのです。

 

この記事を読んだら、未対応の方は早速行動です。

 

 

 

googleが「検索結果に大きな変化をもたらす」と公言している

 

 

 

2015.2.27のgoogleウェブマスター向け公式
ブログの記事で、

 

「モバイルフレンドリーかどうかをランキング要素
として使用し始めます」

 

「googleの検索結果に大きな変化をもたらします」

 

とはっきり記載してありました。

 

2015.2.27のgoogleウェブマスター向け公式ブログの記事です

 

  →検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

 

 

もちろん、スマホで検索してきた読者にも
読みやすい環境を準備するのは当然の
ことですが、

 

最近はとくにスマホで検索する人の割合も
増えてきました。

 

しかし、スマホユーザーを重要視する流れは、
今に始まったことではありません。

 

過去の公式ブログにもその兆候がありました

 

googleウェブマスター向け公式ブログ

 

<2013年6月11日付け記事>
  →スマートフォン向け検索でのランキングの変更について

 

<2014年11月19日付け記事>
  →検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために

 

 

Googleは早い段階から、スマホを利用する
ユーザーの利便性や快適性を提供したいと
考えていました。

 

間違ったリダイレクト設定などの、誤った設定
をおこなっている、スマートフォン向けサイトに影響
のある、いくつかのランキングの変更を予定している
とも記載がありましたので、

 

「いよいよ来たか」という感じです。

 

 

スマホを持って何かを調べている男の子の画像

 

「今や誰でもスマホを使う時代になりました」

 

 

 

サイトを運営しているあなたが、まずするべきこと

 

 

 

まず手がけて欲しいのが、あなたの運営している
webサイトが「モバイルフレンドリー」かどうか調べる
ことです。

 

調べるのはかんたんですので、下のリンクより
入ってすぐテストしてみてください。

 

 

 

数ページだけを調べる場合はモバイルフレンドリーテスト

 

 

 

数ページのテストなら、googleが準備
しているサイトでURLを入力するだけで
テストできます。

 

「モバイルフレンドリーテスト」は下のリンク
より入って、URLを入力し、「分析」の
ボタンをクリックするだけで実施できます。

 

 →モバイル フレンドリー テスト

 

 

モバイルフレンドリーテストの画像

 

 

テストの結果問題がなければ、下の画像
のように表示されて、スマホ画面でどのように
表示されるのかまで教えてもらえます。

 

 

モバイルフレンドリーテストの結果の画像

 

 

 

サイト全体を調べる場合はウェブマスターツールから

 

 

 

サイト全体を調べるときは、ウェブ
マスターツールで調べます。

 

「検索トラフィック」から「モバイル
ユーザビリティ」を選択して、クリック
するだけです。

 

 

モバイルフレンドリーチェックをウェブマスターツールで実施した画像画像

 

 

 

Googleは「レスポンシブ ウェブ デザイン」を推奨している

 

 

 

「Google Developers」のモバイルガイドは
参考になる記事がたくさんあります。

 

なぜモバイルフレンドリーにしないといけないのか?

 

モバイル フレンドリーにする際の注意事項

 

などの記事があります。

 

中でもモバイルフレンドリーなサイトを作成する
際にgoogleが推奨しているのは、

 

レスポンシブ ウェブ デザインのサイトです

 

 

<レスポンシブ ウェブ デザイン(Responsive Web Design)とは>

 

パソコン、タブレット、スマホなど、あらゆる端末において、表示される画面の幅に応じて表示の仕方を変えて、それぞれの端末で見やすいようにページのレイアウトを変化させるプログラムのことです。画面の幅ごとに別のページを用意する方法をとらず、ひとつのHTMLで表示を変える制作手法です。

 

 

言葉で説明しても分かりにくいと思いますので
45秒の動画で見ていただけたらわかりやすいかと
思います。

 

google chromeのサイトの表示の幅を変えて、
どのように表示が変わるのか実際に見てみて
ください。

 

なおchromeの一番狭い表示は、スマホサイト
の表示とほぼ同じになりますので、どのように
表示されるのか確認する際は、chromeの表示
幅を一番狭くしてテストすると便利です。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

あなたのサイトは、モバイルフレンドリーに
対応できていますか?

 

 

スマホを持って微笑む若い女性の画像

 

「スマホでもきちんと表示できてたら気持ちいいですね」

 

 

 

 

 

よく読まれる関連ページ

 

記事の中身がグンと良くなる!文章の書き方のコツ

記事の中身がグンと良くなる!文章の書き方のコツ

全13工程でサイト改善!「検索エンジン最適化スターターガイド」へのリンク画像

全13工程でサイト改善!「検索エンジン最適化スターターガイド」

「誘導ページ」でペナルティを受けないための5つのチェックポイント

「誘導ページ」でペナルティを受けないための5つのチェックポイント

これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説へのリンク画像

これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説


Top相互リンクをいただいているサイトです。

簡単無料ホームページ

簡単に無料でホームページ作成。掲示板、ブログ、アルバム、携帯サイト、メールマガジン、お問合せフォーム、リンク集等の便利機能付き。商用利用もOKです



あなたのサイトは「モバイルフレンドリー」ですか?関連ページ

絶対に間違いのないSEO最新マニュアル
全13工程でサイト改善!「検索エンジン最適化スターターガイド」
3秒でチェック!!形式的SEO対策をあなたにこっそり教えます
アクセスアップのためにやっちゃった失敗をお教えします
被リンクについて最低限知っておくべき10のポイント
5分でわかる!具体的相互リンクの手順
サイト公開するなら、最低限canonicalタグを使いこなせ!
超簡単!重複コンテンツ整理のための.htaccess設定方法
Googleが伝える、適切な「alt属性の入力」のススメ
あなたは外部Javascriptを利用する目的を知っていますか?
よく考えられた「descriptionメタタグ」は訪問者を誘(いざな)う
301リダイレクトで個別ページのURLを整理できる
みんなに伝えたい!正しいサイトマップの「作り方」「送り方」
クリック率アップ!リッチスニペット導入でライバルサイトに差をつけろ
パンくずリストをリッチスニペットで表現してみた!
お手軽にリッチスニペット!構造化マークアップ支援ツール
進化しているデータハイライターを、あなたにもぜひ体験してほしい
とにかく目立つ!リッチスニペット著者情報の作り方
レシピを出すなら試したい!リッチスニペットを使った目立つ検索表示
rel=”nofollow”使いこなし術を解説!正しい使い方をご存知?
これで安心!URLエラーの大半は簡単に処理できる。修正方法を解説
エラーページを処理する5つの方法
SEOに効果あり!404エラーページのカスタマイズ
クロールの効率性を追求!robots.txt
よくわかる!noindexメタタグの正しい使い方
たった1分で劇的に改善!ページスピード高速化の方法
3行入力するだけ!誰でもできる圧縮によるサイト高速化
もっと早く導入すればよかった。画像圧縮ソフトによるサイト高速化
正しい対処の仕方をご存知ですか?放置できないソフト404エラー
鳥肌が立つほどカンタン!1クリックで終わる表示速度高速化
「誘導ページ」でペナルティを受けないための5つのチェックポイント
rel="canonical"をもっともっと知りたい!
ホームページ、ブログの削除のしかた

 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ