いまさら聞けない「ドメイン名」超入門

いまさら聞けない「ドメイン名」超入門

domein

 

ここではサイトURLやドメインについてご説明します。「いまさら」と書きましたが、URLやドメインについて正確に知っている人は少数派です。
ドメイン名を決めるときに気をつけるポイントや、形式的にチェックすべき点について整理しましたのでぜひ参考にして下さい。
気に入ったドメインを考えても、先に取得している人がいたら別のドメイン名を考えないといけませんので注意してくださいね。

 

 

ドメインのことがよくわかる  もくじ

 

 

○ドメイン名とは「ネット上の住所」のこと

 

    「ドメイン」「URL」とはどういうもの?

 

    ・ドメインの取得はドメイン取得会社から行う

 

○検索結果で差をつける!ドメインの名づけのコツ

 

    ・たとえば「ホームページ作成ソフト」で検索したときの検索結果はこう出る

 

○URLを形式的にチェックして、正しいURLを仕上げる

 

    ・URLの利用記号には制限があります

 

    ・URLはすべて小文字を使用するのがベターです

 

    ・URLの文字数にも気を配ります

 

    ・URLのwww有り無しを統一すると効果的に検索されます

 

    ・考えたURLはドメイン取得会社のホームページで取得可能か確認する

 

 

 

ドメイン名とは「ネット上の住所」のこと

 

 

「ドメイン」「URL」とはどういうもの?

 

 

平成28年1月3日更新

 

 

 

「ドメインって何ですか?」

 

「ドメイン」なんて、これからネットを
はじめようとする人にとっては、初めて
耳にする言葉ですよね。

 

 

先日、私のホームページの検索ワードに
「http://の作り方」という言葉を発見しました。

 

 

http作り方の検索画像

 

 

そういえば私も初心者の頃は
「どうやって自分のhttp://を作るんだろう」って
思ってた記憶があります。

 

ただ、こうやって「http://の作り方」という言葉で
検索した読者さんは「ドメイン取得」という言葉と
「http://」が結びつかないと、結局わからずじまい。

 

というのも、http://の作り方で実際に検索しても
webサイトの作り方が先頭に検索されているから
です。

 

「http://の作り方」と「ドメイン」「URL」という言葉が
このページにたどり着くことでつながってくれたらと
思います。

 

言葉の意味がつながれば、難しいことではないからです

 

 

 

さて、ドメイン名とはインターネットの住所
ようなもので、世界にたった一つしかないものです。

 

よく人名では同姓同名なんてありますけど、
ドメイン名は絶対重複しません。

 

ですから、ドメインの取得は早い者勝ちで、
先に登録があれば、いくら希望しても
その名前にすることはできません。

 

ところで、URLの言葉の意味は下の
通りです。

 

 

URLとは?

 

URL 【 Uniform Resource Locator 】 ユニフォームリソースロケータ
URLとは、インターネット上に存在する情報資源(データやサービスなど)の位置を記述するためのデータ形式。

 

・・以下省略 (続きがあります)

 

IT用語辞典 e-Words より引用

 

 

これだけでは今一つピンときませんね。

 

URLがどういうつくりになっているのか
見るとわかりやすいと思います。

 

 

URLの構成は?

 

サイトのURL(いわゆるサイトの住所)は
下のような構成になっています。

 

下の「http 〜 com」全体をURLと呼びます。

 

 

http://www.○○○○.com

 

赤い部分がドメインで、○○○○の部分は
自分の好きな名前にできます。

 

 

ドメイン、URLについてここまでのところを
まとめると以下の通りになります。

 

 

○URLは世界に一通りしかない、ホームページの住所のようなもの
○ドメインは自由に決めることができる
○先に取得している人がいれば、思い通りのドメイン取得はできない

 

 

ちなみに、URLのうち 「www」 の部分は
ドメインではありません。

 

ホームぺージを置いてあるウェブサーバー
のことで、後述のとおり、 「www」をつける
かつけないか統一するのがベターです。

 

 

 

 

 

ドメインの取得はドメイン取得会社から行う

 

 

 

ドメイン名はソフトに自分で勝手に
打ち込んでもダメです。

 

別ページでもご紹介しますが、ドメイン
取得会社がありますので、そこから年間
いくらか支払って取得します。

 

すぐにどんな会社があるのか確認したい方はこちら

 

  →独自ドメイン・・強さの秘密

 

 

このページであなたに伝えたい大切なことは
「あなたがどういうドメイン名をつけるか」という
ことなので、

 

とりあえず「ドメインは買うもの」という
ことだけ覚えて、次に進みます。

 

 

 

検索結果で差をつける!ドメインの名づけのコツ

 

 

 

ドメイン名にもちょっとした名づけのコツ
がありますので、ほんの少しですが工夫
をしてみましょう。

 

ドメイン名はタイトルの名づけほどの重要度は
ないという意見もありますが、自分のページが
検索エンジンの上位で検索されるために影響
があるので、私は考える価値が十分にあると
思います。

 

 

 

たとえば「ホームページ作成ソフト」で検索したときの検索結果はこう出る

 

 

 

googleで「ホームページ作成ソフト」と
入力して検索したときの、私のサイトの
検索結果です。

 

文字通り「ホームページ作成ソフト」の
部分が反応して太字になっています。

 

また「homepage」も太字になっている
のがおわかりでしょうか?

 

 

「ホームページ作成ソフト」で検索したときのgoogleの検索結果

 

 

こういう風に、ドメイン名もサイトの検索
にしっかり反応して、順位を上げるのに
一役買っていますので、適当に決める
のはNGですよ。

 

では、何を考えていけばよいのかご説明します。

 

ドメイン名を作るにあたり重要なことは、

 

 

本文中で「使用するキーワード」を入れる
ということです。

 

 

実は日本語を使ったサイトでは効果が
出しにくいのですが、それでもぜひドメイン
に文中のキーワードを組み込んで欲しいのです。

 

たとえば、「花」に関するサイトをつくるの
なら「flower」を入れます。

 

但し、本文中に使うキーワードが「flower」なら
効果がより大きく、「花」なら少しだけ効果が
小さいです。

 

「言葉」が一致するとより良いということです
が、意味のあったキーワードをはめていくこと
で一定の効果が期待できます。

 

・・・つたない説明でしたが伝わりましたか?

 

 

「木」(wood)と「花」(flower)組み合わせる
場合は、−(ハイフン)でつなぎます。

 

こんな感じの出来上がりです

 

 →http://www.flower-wood.com

 

※あまりセンスがよくないのであくまで
  例示として考えてください・・・

 

私のサイト(http://homepagenotukurikata.com/)は
あまりうまい作りこみではないですが、homepageには
しっかり検索エンジンが反応しています。

 

もしも今作り直すとすれば、外国からの検索も
増えるのでhttp://homepage-create.com/とかで
いいのかな・・??

 

ちなみに下の.comの部分は値段があります
(私の使っているムームードメインの例です)

 

どれを使ってもSEO的には効果に違いが
少ないとの意見が多いです。

 

 

ムームードメイン

 

 

URLには形式的な制約がありますので
点検項目をピックアップしてみます。
お作りになった名前をチェックしてみてください。

 

※SEOサービスの「SEOスカウター」を参考にしました。

 

  → 3秒でチェック!!形式的SEO対策をあなたにこっそり教えます

 

 

 

 

 

 

URLを形式的にチェックして、正しいURLを仕上げる

 

 

 

あなたが考えたURLは形式的に正しい
モノですか?

 

いくつかチェックポイントがありますので
確かめてください。

 

 

 

URLの利用記号には制限があります

 

 

 

URLで使用している「記号」は、
- (ハイフン)、_ (アンダースコア)以外
のものが使われていないか。

 

記号は上記以外使用できません。

 

 

 

URLはすべて小文字を使用するのがベターです

 

 

 

URLで使用している文字は
すべて小文字であるか。

 

検索エンジンは大文字が含まれていると
サイトの評価を下げる可能性があります。

 

日本語のドメイン名も利用できます。
※取扱事業者のサービス提供範囲やソフトウェアで対応できない場合があります

 

 

 

URLの文字数にも気を配ります

 

 

 

URLの文字数は255バイト以内か
(長すぎるのはダメ)

 

検索エンジンはHTMLのページサイズが
出来るだけ軽いものを好みますので、
できるだけコンパクトに作りこみましょう

 

 

 

URLのwww有り無しを統一すると効果的に検索されます

 

 

 

www有り無しは統一したほうがいいです。

 

実はwwwありも、wwwなしも同じURLですが、
どちらにするのか今のうちに決めます。

 

wwwのあるURLとないURLが混在している
と、重複コンテンツとみなされ、SEOの評価を
著しく下げる可能性があります。

 

※重複コンテンツの説明と統一のしかたは
 こちらのページを参考にして下さい。

 

   → canonicalタグとは?

 

 

 

考えたURLはドメイン取得会社のホームページで取得可能か確認する

 

 

 

最終的に考えたドメイン名を「ドメイン
取得会社」から購入します。

 

一生懸命考えて作ったドメイン名も
先に取得している人がいたら、取得
できません。

 

取得可能かどうかは、ドメイン取得会社
のサイトで簡単に確認できます。

 

 

空きドメイン確認画面
※スタードメインの確認画面です。

 

 

独自ドメイン取得のメリットや、
ドメイン取得会社の比較は次の
ページで説明しますので、ぜひ
ご確認ください。

 

   → 独自ドメイン・・強さの秘密

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※もし「よかった」と思う記事がありましたら、あなたが使っておられる
 SNSで当サイトをご紹介ください。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

よく読まれる関連ページ

ドメイン

独自ドメイン・・強さの秘密

サイト公開までの流れ

サイト公開までの流れ【ソフト購入後の9つのステップ】

アップロード

忘れると致命的な○○の登録【ひとまずサイト公開完了です!】

アフィリエイト

数多くのアフィリエイトに登録する理由

 

 


Top相互リンクをいただいているサイトです。

簡単無料ホームページ

簡単に無料でホームページ作成。掲示板、ブログ、アルバム、携帯サイト、メールマガジン、お問合せフォーム、リンク集等の便利機能付き。商用利用もOKです




 
ブログパーツ
トップページ 目次 サイト公開までのプロセス プロフィール お問い合わせ